繰り返す胃痛症状でお困りの方へ

繰り返す胃痛








こんなお悩みありませんか?

 胃がムカムカする
 お腹が空くと胃が痛む 
 お肉を食べると調子を崩す
 よく胃が重く感じる
 げっぷがよく出る








繰り返す胃痛でお困りの方へ

当院の


鍼灸 光線 療法


でアプローチを変えてみませんか?










2月限定













繰り返す胃痛ムカつき

解放されると

気分が良い
やる気がでる 
集中力があがる
作業効率が上がる
自分のやりたいことが出来るようになり心が充足される










当院で治療を受けた方にいただいた感想です

・悪いところを的確に治療されてる感じがする
・治療後、身体がポカポカする
・いつも感じる手足の冷えがなくなった
・全身の倦怠感がなくなった
・施術を受けると体がすっきりする
・しっかり説明を受け、納得して治療を受けれた












慢性の胃痛画像

急性胃炎の原因と症状
急性胃炎は、食事の不摂生によって起こることが多い病気です。暴飲暴食、腐敗した飲食物の摂取、よく噛まない、アルコール類の飲み過ぎなどが原因になります。また、アスピリンや強心剤などの服用による胃炎もあります。医売薬、家庭薬を内服する場合は、服薬の回数、時間など、指示や用法を守ることが必要です。
 また、食中毒や特定の食品に対する過敏症が誘引となる食物アレルギーによって起きたり、急性感染症によって起こる場合もあります。

 症状は、腹部の不快感から始まり、気分が悪くなります。食欲不振、口渇、悪心、嘔吐があり、吐き気が強い時は水を飲むこともできません。また、胃部の膨満感が強く、痛みが起こる場合もあり、吐物に血液や胆汁が混ざることもまります。便通は下痢や便秘するものがあります。原因が食事の場合は、ほとんどが食後10時間以内に発症します。

"慢性胃炎"の症状は様々で、繰り返す、あるいは持続する上腹部不快感(上腹部不定愁訴NUD)/
嘔吐・腹部膨満感・胃もたれ・食欲不振が現れます。
慢性胃炎は症状と内視鏡検査によって診断されるのが一般的ですが、不思議なことに内視鏡検査によって慢性胃炎と診断されたにもかかわらず、なんら症状がない人が40〜50%にもいることが知られています。
慢性胃炎は急性胃炎と違い原因が明らか出ないことが多く、急性から徐々に慢性に移行するもの、発症時から慢性のものがあります。
幾つかの原因が重なることで起こると考えられ、その一つに飲酒やタバコなどで繰り返し刺激が加わる時に発症するケースがあります。
 

NUD(non-ulcer dyspepsia)
NUDとは、器質的(潰瘍、ガン)異常がないにもかかわらず、消化管に由来すると考えられる症状(食欲不振・上腹部痛・げっぷ・胸焼け・吐き気・嘔吐など)を呈する疾患の概念です。この病因には、胃の運動機能障害・胃酸分泌の異常・胆のう収縮機能の異常などの因子に加えて、心理的・性格的な因子も関与するとされています。ストレスは脳を介して消化管に影響を及ぼし、生じた消化管の異常は心理的に心配や不安を招き、これらがまたストレスとなって消化管の機能に影響するという悪循環が形成されることになります。

定期的にくる慢性胃炎は
「現在の全身の状態が悪い」
タンパク質不足
という身体からのサインです。




この機会が生活習慣を見直すチャンスです。

一緒に体をリメイクしませんか??




どうすればよくなる?
はてな??

どうすればよくなる?
 急性胃炎は絶食したり、軽くて消化の良いものを摂ったり、安静を保つことが大切です。症状が激しい場合には、点滴を要することがあります。
 慢性胃炎は炎症に陥った胃粘膜を愛護する食事療法を行います。酒、タバコは禁止します。
現在、投薬での治療で慢性胃炎を完全に治して、もとの正常の胃に戻す方法はありません。症状の強い場合は薬物療法で寛解をはかりますが、完治はできないといわれています。

胃の調子は生活習慣がとても大切になってきます。次の5つのことを心がけた生活をしましょう。

1、タンパク質を多めに摂取しましょう。
  胃粘膜など、身体を構成しているのはタンパク質(卵、魚、お肉など)です。タンパク質を食事で多めに摂りましょう。(だいたいの目安で日本人が普段食べているタンパク質の約2倍ほど)
白米でなく、主菜を中心におかわりをしましょう。しかし、胃痛が強い時には食事量を軽減して胃の負担を軽くすることが大切です。

2、暴飲暴食はやめましょう
  ファーストフードや食品添加物が多く入るものは食欲のリミッターを外し、暴飲暴食の危険があります。「なにを食べるか?」ではなく「なにを食べないようにするか?」を意識しましょう。

3、砂糖を控えましょう
  砂糖は身体を糖化させ、炎症反応を強めてしまいます。慢性的に身体が炎症を起こすと胃や血管にも影響がでます。

4、食事はゆっくり噛みましょう
  噛むことで食べ物を砕き、胃や腸の消化、吸収を促進させます。

4、睡眠を十分にとり、疲労がたまりにくいようにしましょう
  睡眠は身体を修復するために必要な時間です。睡眠がとりにくくなると自律神経のバランスが崩れ、十分に疲労が回復できない身体になります。

5、適度な運動をしましょう
  身体は本来、動かすようにできています。一日中座りっぱなし、立ちっぱなしになると筋肉が固まり、血流が悪くなることで身体の状態を悪くします。

  

これらの生活習慣を心がけ、胃腸に負担がかからないようにしましょう。

胃の症状は胃の内外の血行不良と腹部、背部の筋群の硬化によって起こることもあり、局所(上腹部)への光線治療や、腹部、胸部、背部への刺鍼により改善する場合が多くあります。
当然施術は、腹部、背部だけでなく、首周りや殿部への施術、光線治療で全身を照射することで血流を良好にする必要があります。

お腹の血流障害による胃への影響です。

スマホやPCの使い過ぎ、ストレス、その他の影響により
いわゆる、

「腹筋ガチガチ」状態

お腹、背中に筋硬結が発生し、血流障害が起きます。

血液が
酸素や栄養素を運び、

二酸化炭素や不要物をながしています。

背中やお腹がガチガチに固まると
リラックスできなくなり、身体が回復しにくくなります。

体が感じる反応




血行改善が重要

特に血流状態を良くするのに必要なのが

「足底の温度」

背中の筋肉「多裂筋」

です。
これらを手技、鍼と光線療法により的確に刺激を入力することで筋硬結、冷えを取り除き、症状の根本原因である血流障害の改善を促します。




自分でいろいろ試したが・・・
それでも症状が改善しない場合、
当院にご相談下さい。

今までの治療で効果がなかったのはアプローチする場所が違ったからではないですか??
当院では他の院が着目していない「筋肉」を重要視しています。
治療の方法は

鍼灸光線療法
体の状態が

硬い→柔らかい
冷えている→温かい

筋肉を柔軟な温かい状態にし
身体の自然治癒力を高める治療法です。

特に、慢性的な胃痛の方は

「足底の温度が低下」

身体の主細胞である
「タンパク質不足」

などが重要になります。

これらの筋肉を中心に状態を良くする
栄養状態をよくすることで
症状の改善を促します。

ご予約は
画像の説明

「繰り返す胃痛の治療が受けたい」とお伝え下さい。

友だち追加

LINEでのご予約の場合は
・お名前
・症状
・希望の時間
(第三希望まであれば)
・慢性の胃痛のコースが受けたい

上記の項目をお書きの上
送信をお願いいたします。






なぜ2.980円?

・1回の治療じゃわからない
・初めてなので高額な治療費は不安
・そもそもどういうところなのかわからなくて不安

そんな方に1回ではなく
3回、お試しで治療を始めませんか??

たった1回の施術で症状が根治することは多くはありません。
「ここなら症状が楽になりそうかな」
「ここなら私のカラダを任せても良いかなぁ」

費用の負担を気にせず治療のお試しをしていただこうと思いました。




2月限定

もちろん1回の治療で劇的な効果が出ることも少なくありません。
しかし、長年かけて変化(悪化)したカラダを作り直すにはある程度の期間が必要になります。
その期間、悪化した筋肉を治療し共に根治を目指しましょう。












『慢性の胃痛がなくなると何がしたいですか?』

解放されると
 気分が良い
 やる気がでる 
 集中力があがる
 作業効率が上がる
 自分のやりたいことが出来るようになり心が充足される














「治りたい!!」 or 「そのまま悩んで行動しない」

行動し、症状を一緒に変えていきましょう

 胃がムカムカする
 お腹が空くと胃が痛む 
 お肉を食べると調子を崩す
 よく胃が重く感じる
 げっぷがよく出る

そんなあなたから私、副院長の池田が繰り返す胃痛の症状から解放するお手伝いをしたいと思います。

副院長のプロフィール
名前 池田 龍一  
池田先生
 小学校から高校までサッカー一筋、夢中でボールを蹴っていました。
高校2年生の時、メンバーに入れなかった悔しさから過度に練習、セルフケアの不足により股関節の筋肉を痛めたことがきっかけでこの世界に興味を持つ。
リメイク整骨院が開業した時からのスタッフとして臨床経験を積み、
H26年副院長を任される。
現在ではリメイク整骨院内で臨床経験を積みながら院内で開催されるMT-MPSベーシックセミナーのサポートもしている。

参照資料
別冊 可視総合光線療法 理論と治験  著 黒田 一明
筋性疼痛症候の臨床観察 (上巻)   著 小林 紘二
感覚の地図帳              共著 山内 昭雄  鮎川武二 

a:29 t:1 y:0