寝ている姿勢が悪いから痛くなるは本当か?

就寝姿勢

朝起きてすぐに痛みが走る人や夜間の寝返りや足がつるなどの症状がある方に多い勘違い、「寝ている姿勢が悪い?」です。就寝時は活動しないために通常は骨格筋の血流が少なくなりなります。そのため平常、骨格筋に異常があり、血流が悪くなっていると就寝によって
さらに血流が悪くなるために夜間の症状が出ます。
                           
この場合、日中の活動時や朝起きてから動き出すと症状が軽減しますので、そこまで深刻に考える事もないでしょう。ですが朝起きた瞬間の寝違いや、体温や血流の上昇が起こる前に負担のかかる動作をすると、ギックリ腰などを起こしやすくなります。
                           
朝起きて伸びをするのが怖いあなたも要注意です。伸びをする場合はいいのですが、弛緩にはエネルギーがいるため起床時の伸びでつるのも血流悪化のサインです。
                           
こういった症状は決して寝る姿勢が悪いワケでも寝具が悪いワケでもありません。血流を悪化させる因子が多くあるワケです。
                           
このような症状があると黄色信号ですから、赤信号に変わる前に来院することをおすすめします。

コメント


認証コード8881

コメントは管理者の承認後に表示されます。