交通事故でのむちうち症は、高槻市駅から徒歩4分のリメイク整骨院へ

施術例3

20代 /女性
負傷原因 後方からのクルマの追突によるむち打ちからの首の痛みと腰の痛みです。
治療対象筋:多裂筋

画像の説明

左の写真は首も腰も後ろに倒せず右に回旋しており左の腰の筋肉を強く損傷。
施術としては多裂筋に鍼と光線と徒手によるものを施し、右の写真の運動検査では腰と首が後ろに後屈でき回旋の歪みも消失。

むちうちの症状は治らない!という声をよく聞きますがなぜなのか?
それは交通事故や転倒で頭や首に強い衝撃が加わると、首の筋肉だけでなく腰や骨盤にかけて筋肉が大きく損傷するからです。
その中で一番損傷し治りきらないのが多裂筋(たれつきん)という筋肉で身体の中心、背骨のすぐ横になり首から骨盤までつながる重要な筋肉です。またこの筋肉は脊髄から神経と隣接しており、自律神経障害に大きく繋がります。

画像の説明

しかし残念なことに多裂筋(たれつきん)の存在は知られておらず殆どの治療院がむちうち症の原因は首だけにあると考えられ電気治療、首の牽引で治療を終えてしまいます。はっきり言います。それでは治りません。多裂筋を治療できるのはごくわずかの治療院だけです。リメイク整骨院ではこの多裂筋の治療に特化しており鍼と光線でしっかりアプローチしております。

また当院では、信頼できる整形外科の方も紹介も可能でございます。
交通事故でお悩みの方一度リメイク整骨院にご相談ください。

もうあきらめていたその痛み、その辛さ。鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?

コメント


認証コード0633

コメントは管理者の承認後に表示されます。