ゆがみ、側湾症でお悩みの方は、高槻市のリメイク整骨院へ

施術例
小学5年生 女子
症状:小学校1年生の時、学校の検診により側湾症として診断。
半年に一回、レントゲン撮影にて進行状況を確認。

治療対象筋:脊柱筋(多裂筋)、腸腰筋(特に大腰筋)
リメイク筋矯正を併用

画像の説明

今年の6月末にから来院。
病院のレントゲン撮影にて脊椎の角度(コブ角)が22度。
次回検診時に25度に達すると進行の防止、脊椎の矯正の為、装具療法
になるため、それを防ぐ為に治療を開始

当院では徒手療法とリメイク筋矯正が適切と判断し治療。

8月中旬に病院にてレントゲン撮影。
結果は脊椎の角度(コブ角)が13度に低下。
1年生からコブ角が徐々に進行していた為、お母様も驚いておられました。

側湾症はいまだに原因がわかっていないものと、
原因である病気がわかっているものがあります。
側湾症の約80%をしめる突発性側湾症は原因がわかってないもので、
今回の患者様もこの側湾症に入ります。

カラダのゆがみは筋硬結により発生することが多くあります。

筋硬結の特性として
硬結筋は正常筋と同じ本来の伸張性がないにもかかわらず、
安静姿勢.安静肢位において常に正常筋よりも長い、
"筋伸張位"をとっている
筋性疼痛症候の臨床観察(上巻)   
著 小林紘二 

患者様からレントゲン写真を提供していただいてます。

興味のある方はスタッフにお声掛け下さい。

もうあきらめていたその痛み、その辛さ。
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?
 
リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/
口コミやスタッフ情報はこちらから!

コメント


認証コード4438

コメントは管理者の承認後に表示されます。