野球肘で困っている方は、阪急高槻市駅から徒歩4分のリメイク整骨院へ

施術例
男性/10代
症状:野球ボール(C級)を投げた時に肘の内側に痛みが出る。または力の入ったボールが投げれなくなる
 
画像の説明

治療対象筋:円回内筋 橈尺手根屈筋 
長掌筋 上腕三頭筋 肘筋 三角筋 前鋸筋  

治療:手技で背面部~肩背部  
上腕部~前腕部にかけて徒手治療。
鍼は肘関節付近〜前腕部にかけて行う。

今回のような野球の練習による痛みや投げれなくなる等の投球障害は一般的に「野球肘」や「 Little League elbow」と呼ばれ成長期の野球少年には身近にあるケガとして認知されてます。

よく言われるのが「骨は大丈夫!」というフレーズです、しかし骨が大丈夫なのにではなぜ肘は痛くなるのか、その点は整形外科の先生方はあまりよく説明してくださいません。

現に当院に来院される投球障害に悩んでいる子供達は口を揃えて「レントゲンでは異常がなかった、だけど痛みが消えない、何とかして欲しい」と言って来院します。

当院では、最新のエコー検査機も導入してます。その結果、整形外科では分からなかった骨軟骨の異常で病院で手術を受けた方もいます、しかし、そういった症例はごく僅かです。
では痛みや投げれない原因は、骨で無ければどこなのでしょうか?
それはズバリ『筋肉』です!

疲労が溜まり硬く血液循環が悪くなった上記の筋肉が急激に収縮を起こすと痛みが発生しやすくなります。
筋肉が痛める原因はこの下の3つの事が大きいと思います。

① 投球フォームの乱れ
② 投球数の増加
③ 準備運動と練習後のクールダウンの質の低下

上記のような原因が野球肘になる原因と言われています。
リメイク整骨院では筋肉の治療もしっかりするのは当たり前ですが、その他に投球フォームの動画を随時チェックして痛みの無い投球フォームを指導していきます。

 
まずは痛くならない事が大事ですが、チームの事情でいつもより多く投げてしまう事もあるでしょう、急なポジションを変更して肘に負担がかかってしまう事もあるでしょう。もし急に痛くなってしまった、または、肘の痛みが取れずに悩んでいる方、その親御さん指導者の方は是非とも来院下さい。
 
もうあきらめていたその痛み、その辛さ。
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?
 
リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/
口コミやスタッフ情報はこちらから!

コメント


認証コード4499

コメントは管理者の承認後に表示されます。