サッカーのケガには阪急高槻市駅から徒歩4分のリメイク整骨院へ

施術例
男性/20代
症状  サッカーの試合で相手との接触した際に右の前脛骨筋部を負傷し、足関節の可動域低下(底背屈)歩行痛、安静時痛も出現する。

画像の説明

治療  手技で下腿前面部、その後下腿の後面部も施術する。
治療対象筋  前脛骨筋  総趾伸筋  長母趾屈筋  腓骨筋

1回目の治療では手技だけや施術を行い、治療の前と後では歩行痛の軽減、可動域の拡大など症状の緩和がみられた。

しかし、接触部の腫脹及び浮腫みがひどく、圧痛がとてもひどかったため刺激をあまり入力できなかった。
また本人の希望もあり当日の治療に鍼を使うのは控えその日は終了した。

2回目の治療では、前回よりも腫脹、浮腫みがほとんど引き、しっかりとした手技の刺激入力ができた。

その日の症状としては、歩行痛、可動域が減少、治療は前回と同じ下腿を中心に手技で筋肉を緩め、その後に今回は鍼治療を行い上記の筋群に施術する。

治療後は『接触前の状態に近い。しかし、サッカーが満足にプレーできるかはわからないです』と言われる。

今後、下腿の治療も行いつつ、同側の大腿部や両側の臀筋を治療し万全の状態に戻したいと思います。
                      柔道整復師 鍼灸師   岡森  徳大 

    
もうあきらめていたその痛み、その辛さ。
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?
 
リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/口コミやスタッフ情報はこちらから

コメント


認証コード3753

コメントは管理者の承認後に表示されます。