子供の姿勢の悪さの原因はどこから?高槻市駅から徒歩4分のリメイク整骨、整体院へ

施術例
女児/10代

症状:
お母様が小学五年生の娘さんの姿勢と歩き方が気になるということで当院にご来院いただきました。

治療対象筋:前鋸筋、大腰筋、中・小臀筋

姿勢
歩行

歩行を観察してみると前傾姿勢で且つ、歩幅の狭さが気になりました。話を聞いていると眠くなるとすぐ机に身体を任せ、座りながらうつ伏せで寝てしまうことが、学校や家でも多いそうです。そういった普段の姿勢の悪さから前鋸筋の過緊張による円背、中・小臀筋、腸腰筋の過緊張からなる股関節の可動域制限がこの歩行の原因ではないこと考えられます。

そこで初回は胸を張れるように前鋸筋を中心に治療に入りました。治療としては主に前鋸筋と、姿勢の保持に関わりの深い脊柱起立筋に徒手を数回繰り返し、3回目からは股関節の可動域、柔軟性を高めるために臀筋群、特に中・小臀筋と腸腰筋を徒手で数回繰り返しました。
全ての治療で当院独自のストレッチポールを用いて行う筋矯正を取り入れることで、上半身と下半身の連動性を高め、姿勢の矯正も意識的に施しました。

その結果、
胸張り、ルックアップしての歩行が可能となり、股関節の可動域も向上し足がしっかりと前に出てスムーズに歩行ができるようになり、大変喜んでいただきました。

小児の姿勢は運動能力低下に繋がります。小児の姿勢改善は運動能力の低下を防ぐためにも早期に治療することが重要だと感じました。

もうあきらめていたその痛み、その辛さ。
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?

柔道整復師 倉橋 慎
 
リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/口コミやスタッフ情報はこちらから

コメント


認証コード3352

コメントは管理者の承認後に表示されます。