肋骨骨折、脇腹の痛みは整体・整骨・鍼灸阪急高槻市から徒歩4分、リメイク整骨院へ

症状:バイクが倒れそうになり、それを引き起こそうとしたときに左脇に痛みが走る

使用鍼:5番1寸6分

治療対象筋:前鋸筋、脊柱起立筋、肩甲挙筋

肋骨骨折

以前にも同じような症状があり、当時は肋骨の骨折が心配で整形外科に受診。レントゲン撮影では骨折の疑いがなく、痛み止めと湿布を処方。

その後、当院にて運動検査の結果、治療を行うと、
「治療後は呼吸をしても痛みがましです。脇がピキッとならない!!」
と、症状が緩和し、喜んでいただけました。

今回も、その時と同じような症状のため、当院を受診。

呼吸を大きく吸うと脇の部分に痛みがでる、ベッドに手を着くと同じ場所に痛みが増強する。
体を捻ろうとすると痛みが増強。
痛みのために動きが全体的にゆっくりになっていました。

バイクを引き起こそうとした際に肋骨に付着する脇の筋肉、
「前鋸筋」

肋骨骨折

の筋肉が噛み込み、症状がでていると推測、
筋連結している広背筋、大・小円筋と脊柱起立筋を治療することで
症状の緩和につながりました。

もちろん、肋骨骨折の場合も多く考えられます。
同じような症状の場合は病院にてレントゲン撮影をお勧めします。

骨折がないが、痛みが強い場合、筋肉の硬化が考えられます。
その場合はお任せください。

参考文献
筋性疼痛症候の臨床観察
著者 小林 紘二

もうあきらめていたその痛み、その辛さ。
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?

副院長 鍼灸師 池田 龍一

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/
口コミやスタッフ情報はこちらから!

コメント


認証コード2593

コメントは管理者の承認後に表示されます。