野球肩、リトルリーガーショルダーでお困りの方は大阪高槻市のリメイク整骨院へ

10代/男性
症状:右肩前面の挙上時の痛み、投球時の痛み
治療対象筋:前鋸筋、三角筋、大胸筋、棘上筋、棘下筋

治療カーボン:なし

中学一年生の男の子で
1週間前くらいに野球の練習中、
送球時に急に痛みを感じてから投球時痛に加えてランニングでの腕振り、挙上時にも痛みを感じるようになったそうで。
中学一年生であること
軟式から硬式野球に変わって
ボールの重さによる負荷、練習強度なども
踏まえて…リトルリーガー肩を疑い
エコー検査を行ったところ
左に比べると右には骨端線の幅が
少なからず離開が見られました。
軟式から硬式へのボールの変化、
練習強度が高まるという急激な変化が
肩周りの筋肉の循環不良を起こし…
骨への変形に繋がっているかと考えられます。

右肩

野球肩

左肩

野球肩

そこで上記の筋肉を中心に
徒手で治療を行い、筋硬結を紐解いていくと
肩の痛みが徐々に消失していきました。

ですがリトルリーガー肩は
骨端線離開までいってしまうと
手術の可能性もあるものなので
痛みが取れても定期的なエコー検査、
メンテナンス等が必要です。

野球肘もそうですが、野球での肩の痛みで
お困りの方はぜひ当院へご相談ください。

もうあきらめていたその痛み、その辛さ。
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?

柔道整復師 倉橋 慎

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/口コミやスタッフ情報はこちらへ

コメント


認証コード3665

コメントは管理者の承認後に表示されます。