足底の痛みで悩まれている方は、整体・整骨・鍼灸のリメイク整骨院

60代/女性
症状 両足の足底部の違和感やたまに来る痛み。
治療対象筋 足底筋 下腿三頭筋 前脛骨筋 臀筋 背側骨間筋 etc

足底

使用鍼 寸ー6 1〜3番
光線 不使用

5年程前から症状が出現する、当時の整形外科に受診するもレントゲン撮影にて骨には異常がないため、これといった病名は診断されずに終わる。

その後なんとか症状をごまかしてきたが、あまり改善されないため、3ヶ月前に大阪医大の整形外科に受診する。
そこには足の名医が居ると聞き患者様も期待を持って診察を受ける、しかし結果は5年前と変わらず、特に原因がわからいという事だった、ただ医者からは「開張足」が原因でこの違和感と痛みが出現していると診断した、治療としてはタオル掴み運動をすると必ず良くなるといわれ診察は終了した。

だがその後、回復の気配はなく、当院を受診する。

初見としては開張足の定義にある「足のアーチがなくなることによる足のMP関節部が靴による締め付けで痛みを誘発するもの」に対しこの患者様の足趾には外反母趾や内反小趾等の変形は見られず、また片足立位時での荷重時には足のMP関節がは それほど拡張しておらず、医師が診断する程の状態かと少し疑ってしまった。

足底

筋肉の状態としては下腿後面、大腿後面、臀筋の筋緊張が亢進して悪い状態と言えた。

治療は手技で下肢全体から臀部まで施術を行い、足底筋や足背の短趾伸筋、中足骨の間にある背側骨間筋等にも刺激を入力し、鍼は臀筋や下腿後面部に対し施鍼する。

画像の説明

治療後は足底の違和感や痛みは軽減した。
おそらく臀筋部から滞っていた血流が施術により改善されて効果として現れたものと考える、しかし効果時間はとても短く、今後は継続的な治療を行い、足底の違和感がなくなるように努める。

今回は病院で開張足と診断されるも本当の原因が違う場所にあると考え施術をしたら好転した症例報告となった。
もうあきらめていた痛み、その辛さ鍼灸筋光線療法にアプローチ変えてみませんか?
柔道整復師 鍼灸師 岡森 徳大
リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com

コメント


認証コード2144

コメントは管理者の承認後に表示されます。