打撲の痛みでお悩みの方は、高槻市駅から徒歩4分のリメイク整骨院へ

施術例
男性/20代

症状:サッカーの試合で相手の膝が、自分の太ももにぶつかり、大腿部の打撲

治療対象筋:中殿筋、大殿筋、
ハムストリング
大腿四頭筋、下腿三頭筋

大腿部に2寸の5番鍼を3本

患者さんの訴えとして
膝の前面3分の1付近に打撲痛
膝の屈伸痛
しゃがみ時の膝前面のつまり感

骨化性筋炎

大腿部の打撲はまず
外傷性骨化性筋炎(がいしょうせいこっかせいきんえん)を疑わなければならない。
「筋肉が炎症することによってカルシウムが沈着し、石灰化現象が起こって筋組織の中に骨が形成される」という症状です。
場所的にはこの部分に多い

また大腿部前面が負傷した時の血液の確保がとりにくくなり、骨化性筋炎にもなりやすい。

当院の鍼灸筋光線療法は、筋肉の血液の循環確保には絶対の自信をもっており、大腿部前面、外側を中心に徒手と鍼治療を行い、鍼は大腿骨にへばりつく中間広筋を引き剥がすイメージで施術を行った。

打撲

結果
一回の施術で膝の屈伸運動は軽減
しゃがみ時のつまり感が消失した。
打撲の痛みなどで損傷した筋肉には
当院の鍼灸筋光線療法が最適な治療だと考えております。

また骨化性筋炎、肉離れ、筋挫傷などの筋肉の損傷の有無については当院ではエコー観察が可能です。

お悩みの方一度リメイク整骨院へご相談ください。

もう諦めていたその痛みその辛さ
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?
柔道整復師 鍼灸師 三上隼平

リメイク整骨院
‪大阪府高槻市城北町1-5-12-1F‬
TEL:‪072-674-8739‬
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/
口コミやスタッフ情報はこちら

コメント


認証コード5598

コメントは管理者の承認後に表示されます。