急なぎっくり腰の治療は大阪府高槻市のリメイク整骨院へ

施術例
40代 女性

症状:左背中、肩甲骨周りの痛み、腕を上げた時、身体を動かした時に左背部がピキッと痛む

治療対象筋:左前鋸筋、左脊柱起立筋(腸肋筋)

使用鍼:3番1寸6分

使用カーボン:: 3002-5000

ギックリ腰

朝起き上がろうとした際に左の背中に激痛が走り、来院。

当日は身体を前かがみにした時、右腕を上げた時に左の背中に激痛が走る。

背中の痛みは場所により主痛み発現筋が異なり、今回の患者様の場合、肩甲骨のすぐ内側に症状が強く出ていた為、脊柱起立筋(腸肋筋)、前鋸筋を重点的に施術。

治療後は前かがみ、腕を上げる動作共に痛みが緩和した。

前鋸筋という筋肉、あまりイメージがないかもしれませんが、

前鋸筋

このように肋骨から肩甲骨の内側まで大きくつく筋肉です。

この筋肉がなんらかの原因で硬くなり肩甲骨が上にあがる
(いわゆる怒り肩)
ことで動きが制限され、痛みを出すことがあります。
酷くなると四十肩、五十肩になることもあります。

今回の患者様は同部位の筋肉を治療することで症状の緩和につながりました。

参考文献
筋臨床運動学 講義ノート
著者 小林 紘二

もうあきらめていたその痛み、その辛さ。
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?

副院長 鍼灸師 池田 龍一

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/
口コミやスタッフ情報はこちらから!

コメント


認証コード6665

コメントは管理者の承認後に表示されます。