野球肘、野球肩の治療は野球経験者の治療者が担当します。高槻市、リメイク整体・整骨・鍼灸院

10代/男性
症状:右肩前面の痛み。及び投球時の痛み
治療対象筋:前鋸筋、三角筋、 大胸筋、棘上筋 棘下筋 etc
使用鍼 寸ー6 3番
治療カーボン:なし

野球肘

高校球児で度重なる練習により負傷する、痛みを我慢しながらも練習を続けた事により耐えきれなくなり来院する。
ポジションはキャッチャーをしている。

1週間前くらいに守備練習のノックで送球時の痛みを感じてから、キャチボール等の投球時痛に加えてランニングでの腕振り、挙上時にも痛みを感じるようになった。

進学先がいわゆる「野球の名門校」と呼ばれる学校で練習時間はとても長く朝早く〜夜遅くまで行われ、休みも少ない。
またこの患者のポジションがキャッチャーということもあり、ピッチャーの投球練習に付き合ったりと、1日の投球数は統計すると非常に多い。

私も高校3年間にグラウンドで汗を流した経験を持つ経験からして、他のクラブと比べても非常に練習量が多く、そしてその内容も濃い。
なぜかというと、目標は夏の大会で優勝しないといけないからである。しかも1ヶ月の間に5〜7試合も日程が組まれてしまう。
太陽がギラギラ照っているグラウンドで9イニングを行うというのは大変な事である。
そのための体力とパフォーマンスを維持する為に日頃から長い練習時間と内容がしっかりと詰まったメニューをこなす必要がある。

話を戻す。
肩の症状としては筋肉の緊張が過度になり、可動域の低下を引き起こしている、しかし、パフォーマンスを維持するために、そのまま練習を続けた結果、肩の関節部の炎症にまで及んだと考える。
患者のチームに在籍しているトレーナーさんには筋力が少ないから痛みが出る。だから筋力をアップしろと言われたそうだ。
確かに理屈は間違ってはいないが、それはパフォーマンスを維持するための施術であり、除痛の処置ではない。
そこで上記の筋肉を中心に
徒手で治療を行い、鍼を施鍼していき筋硬結を紐解いていくと
肩の痛みが徐々に消失していき、練習を休む事なくおこなえた。

最後に 昨今の話題の大船渡高校の佐々木投手が地方予選の決勝戦を試合に出場させなかった件がニュースやワイドショー等を騒がしいる。
先程も申したが元高校球児であった私もこの問題に少し言及してみる。

まずは出場を決めた花巻東高校野球部の皆様及び関係者の方々、この度はおめでとうございます、夏の甲子園大会頑張って下さい。
今回話題となるのが監督がインタビューで答えた内容に「故障しやすい条件があった、そのうちの気温と投球数である」と言っていた。
まだまだ日本の高校野球では浸透していないが、アメリカでは、すでにピッチスマートという制度が導入されていて主流になっている。

野球肘

確かにこの表からすれば今回の佐々木投手の大会ではこのピッチスマートを上回ってしまっている。
試合を出場させなかった決断をした國保監督はきっと断腸の思いだっただろう、多くの批判がくると予想はしていたであろうし、でも彼の将来を考えての事は素晴らしいことだと思う。

昨年に新潟高校野球連盟から投球制限のルールを全国高校野球連盟に打診したが、部員が多い、少ないこと投球数制限を設けてしまうとことで試合運びが有利 不利になってしまうために慎重になり意見は保留となった。
子供が一生懸命になって野球する姿は本当に感動する、だから今年で、101回目と続く大会になっている。
しかしながら、これからは選手ファーストの方針で選手を守っていき末永く続く事を強く願う。
もうあきらめていたその痛み、その辛さ。
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?

柔道整復師 鍼灸師 岡森 徳大

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/口コミやスタッフ情報はこちらへ

コメント


認証コード1591

コメントは管理者の承認後に表示されます。