シンスプリントでお困りの方は整体・整骨・鍼灸のリメイク整骨院へ

施術例
女性/10代

症状:バレーボールのオーバーワークのシンスプリントによる下腿部内側の痛み

治療対象筋:臀筋群、ハムストリング 、下腿三頭筋
長拇指屈筋、長指屈筋、後脛骨筋

下腿内側に1寸6分の3番鍼、三本

患者さんの訴えとして
ジャンプしてからの着地時に下腿部内側に強い圧痛
また、歩行時痛も見られた。

エコーで下腿部内側を観察してみると

シンスプリント

両方とも脛骨付近の骨膜が厚くなっており
とくに患側の左側は浮腫からくる水のようなものが骨と筋肉の間にたまっているような画像がみられた。

治療として、臀筋から大腿部、下腿部と治療を進めていき最後に下腿部内側の骨際(骨にくっついている筋肉を剥がすようなイメージ)で鍼治療を、施した。
筋肉を触った感覚として、臀筋、大腿部、下腿部の筋緊張は非常に強く血液の循環不良から
下腿部内側骨膜付近に浮腫のようなものがみられたと推測できる。

結果
ジャンプ着地時の痛みと歩行時痛は軽減した。
しかし、筋肉の状態も良い状態とはいえないので今後もエコー観察をしながら治療をしていきたいと思う。

シンスプリント

当院の鍼は図のような

①筋肉と骨の癒着部
②筋肉と筋肉の癒着部
③筋硬結に直接
鍼をする事が可能である。
また、光線治療によって内臓器系までアプローチが可能で
捻挫、打撲、挫傷、骨折だけではなく
内科的疾患にも非常に効果的な治療である。

お悩みの方一度リメイク整骨院へご相談ください。

もう諦めていたその痛みその辛さ
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?
柔道整復師 鍼灸師 三上隼平

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/
口コミやスタッフ情報はこちら

コメント


認証コード2088

コメントは管理者の承認後に表示されます。