まだRICE処置をやっているんですか??大阪府高槻市リメイク整体・整骨・鍼灸院

施術例
女性/30代

発生機序 バレーボールでジャンプした際に味方の人と接触して転倒し、足部の捻挫そして下腿部に相手の膝が当たり筋挫傷を起こす。

打撲、捻挫

症状/ 荷重時の痛み、歩行痛が顕著に現れる。

前日に整形外科を受診し、レントゲン撮影では骨折はないと診断をされ、処置としてはテープをグルグル巻きにし、圧迫固定される。
また、湿布と痛み止めを処方されその日は帰院する。
しかし、その後痛みがひどくなり、湿布、処方された薬も効かず当院に来院することとなる。

治療対象筋:下腿三頭筋、ヒラメ筋、前脛骨筋、長指伸筋、腓骨筋、短小趾伸筋

使用鍼 寸ー6 又は 2寸 3番

治療カーボン:3001ー4008

エコー検査にて、足関節での靭帯、軟部組織の損傷はなく、もちろん骨にも異常所見は見られなかった。
それは当院の受診前に整形外科にて診察、診断済みである。

施術としては腫脹している患部は触らないようにし、周辺の筋肉を手技で緩和して、患部まで血液を送り届けるようにし、その後、腫脹と痛みを取るよう徒手施術をおこなった。
その際に常に患部には光線は当てているように心がける。

打撲

1回目の施術で荷重出来なかったのが、しっかりと立てるようになり、2回目の施術で歩幅は狭いが踵接地から踵離地まで行えるようになった。

4回程の施術から患部の強い痛みは軽減し、腫脹はあるが歩行痛は改善された。
今回のような打撲や肉離れ、捻挫など徒手、鍼の場合、急性期の強い炎症がある患部は直接施術する事は難しい。

rice

また今回のケースでは従来のRISE処置を行い来院されたため、非常に「冷え」と「固い」患部となり、施術をするよりも血流改善に努めざる得なかった。
整形外科での処置を非難、批判をするつもりは全くないが、もしも受傷した後すぐに来院したならば、もう少し早くに日常生活に戻れていたのかもしれないと思ってやまない。

光線治療は打撲、捻挫、挫傷の炎症期に鎮痛、消炎(腫脹吸収)、肉芽形成の促進等の多彩な有用な作用があり、しっかり患部に刺激入力をすることが可能である。
打撲の痛みを早く取りたい!!早く治したい方は
一度リメイク整骨院にご相談下さい。

柔道整復師 鍼灸師 岡森 徳大

もうあきらめていた痛み、その辛さ
鍼灸筋光線療法にアプローチ変えてみませんか?

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/口コミやスタッフ情報はこちらから

コメント


認証コード4740

コメントは管理者の承認後に表示されます。