成長期の歪みを甘くみてはいけませんよ。整体・整骨なら高槻市駅から徒歩4分のリメイク整骨院

施術例
中学1年生 男の子

症状:猫背

治療対象筋:頭半棘筋、脊柱起立筋、前鋸筋

猫背

首が前方に突出している男の子です。母親が息子さんの姿勢が気になり来院していただきました。

7月末のブログでも紹介させていただきましたが、
5歳から12歳(年長さんから小学校6年生)の期間はゴールデンエイジといわれ、子供の身体能力、運動能力が著しく発達する時期のことを言います。この時期に神経系の発達がほとんど完成するため、正しい姿勢を身につけるには最適な時期と言えます。

ゴールデンエイジ(5歳から12歳程度)をすぎると、第二次成長期に入ります。身体が成長するにつれ、運動神経と身体の成長にアンバランスが生じ、動作をうまく表現できなくなることがあります。また急激な成長もあり筋肉の柔軟性が低下する傾向にあります。
中学に入ると心肺機能の著しい向上がみられますので運動の負荷も急激に上がります。この時期はケガもしやすくなるため、自宅でのセルフケアが重要になります。

第二次成長による急激な骨の伸びに対し、筋肉が追いつかず、運動をしていなくても自然と柔軟性が低下することがあります。

筋肉は硬くなるとその部分をストレッチ(伸ばそうと)する傾向にあります。
急激な成長、勉強やスマホの使いすぎによる首、背中の筋肉が硬くなることで少しでも楽な姿勢を探す結果、「猫背」になっていきます。

身体にとって「楽な姿勢」をとった結果、猫背になるため、無理に姿勢を良くしてもすぐに悪い姿勢に戻ってしまいます。

猫背

今回の患者様も一ヶ月に1センチほど身長が伸びている成長期であり、机に向かう姿勢もよくなかったのが要因でした。当院独自の「筋矯正」と徒手による背中、首の治療により背中、首の筋肉がゆるむことで
「良い姿勢の方が楽!!」と感じていただけました。

成長期は急激な身体の変化によりトラブルが発生しやすくなります。

成長期のトラブルも当院にお任せください!!

参考文献
筋臨床運動学 講義ノート
著者 小林 紘二

もうあきらめていたその痛み、その辛さ。
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?

副院長 鍼灸師 池田 龍一

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/
口コミやスタッフ情報はこちらから!

コメント


認証コード9657

コメントは管理者の承認後に表示されます。