テニス肘にはあの筋肉!高槻のリメイク整体・整骨・鍼灸院

施術例
40代 女性

症状:テニス中、ボールを打った際に手首から肘にかけて痛みが走る。テニスが終わった後、腕全体がだるくなる。いわゆるテニス肘(外側上顆炎)の状態

治療対象筋:短橈側手根伸筋、回外筋、総指伸筋、尺側手根伸筋、尺側手根屈筋

使用鍼: 1番1寸3分

テニス肘

テニスを週に2−4回されてる主婦の方です。

テニスでボールを打った際に肘から手首にかけて痛みが気になる。

特に今回の患者様もそうですが、テニスをした際に指や手首を伸ばす筋肉を酷使します。主に手指から肘の外側上顆といわれる部位に付着します。

テニスで繰り返すラリーなどで負担がかかる、物を持ち上げたり、パソコン、スマホを持続的におこなうことで、慢性的に図の赤丸部位の肘の外側上顆という部分に炎症が引き起こされ、結果としてテニス肘(外側上顆炎)が発生します。主に長•短橈側手根伸筋が付着する部位で痛みが出やすいと考えられています。

今回の患者様はそれに加え、小指側の筋肉(尺側手根伸筋、尺側手根屈筋)にも硬さが強く、そちらも並行して治療しました。

肘に症状がでる方は肩甲骨周囲、背中の緊張が強く、それらにより腕の血液循環が悪くなっている場合がほとんどです。
今回の患者様も背中、脇周りの筋肉の緊張が強く、腕や肘だけでなく背中、脇も併用して治療することにより早期改善したと考えます。

参考文献
筋臨床運動学 講義ノート
著者 小林 紘二

もうあきらめていたその痛み、その辛さ。
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?

副院長 鍼灸師 池田 龍一

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/
口コミやスタッフ情報はこちらから!

コメント


認証コード0645

コメントは管理者の承認後に表示されます。