膝の症状でお悩みの方はリメイク整骨整体院へ

本日の症例は膝の外側の痛みでお悩みの方です。

膝

【症状】
腸脛靭帯炎(膝関節外側の痛み)
【治療対象筋】
[当初1〜3回目]
大臀筋、中臀筋、小臀筋、ハムストリングス、大腿四頭筋、大腿筋膜張筋、下腿三頭筋、前脛骨筋、長・短腓骨筋。
[4回目以降]
腸腰筋、内・外腹斜金、前鋸筋。
【使用する鍼】
1寸6分及び2寸の5番鍼。
【主訴】
歩行時及びサッカー時の膝関節外側の激痛。
【所見】
・膝全体の浮腫。
・足趾の冷え。
・運動検査にて歩行時痛、しゃがみ込み時の患側膝関節の詰まり感及び膝関節外側痛。
・片足立ちの不安定感。
・皮膚が黒ずみカサカサ。
【患者特性】
・40代男性。
・肉体労働。
・趣味でサッカー。
・ヘビースモーカー。
・食事の偏り(アルコール、甘いものが多い)。
・睡眠不足(不安定な生活リズム)。
・O脚。
【施術】
40分の特別診療にて施術。
最初に痛みのある膝関節周辺の筋肉に徒手と鍼治療を施したが著効が見られず、続いて
臀筋、ハムストリングスへの施術を試みた。
週に一度、40分の特別診療を3回継続した。
治療後は痛み浮腫とも改善するが2〜3日経つと症状が再現するとの事で4度目の施術からは筋連結を考慮し治療対象の筋肉を広げて腸腰筋、内・外腹斜筋、前鋸筋に徒手・鍼施術を行う。

腹斜筋

【結果】
・歩行時の膝関節の痛みはほぼ無くなり、足関節・膝関節の詰まり感や疼痛も緩解。
・歩行形態も当初は下半身の筋肉のみで歩行していたが、対象筋肉を広げた後は上体も連動して動かせるようになり歩行が楽になった。
・身体を冷やさない事に注意して頂き定期的な通院を指導。

同じ様な症状でお悩みの方、一度リメイク整骨院へご相談ください。

もう諦めていたその痛みその辛さ
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?
柔道整復師 鍼灸師 西田英夫

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/
口コミやスタッフ情報はこちら

コメント


認証コード8284

コメントは管理者の承認後に表示されます。