足の裏の痛み、足底腱膜炎なら大阪高槻市のリメイク整体・整骨・鍼灸院へ

施術例
30代/女性

足裏

症状 起床後、立ち上がる際に踵接地時に踵が痛む。夜間も仕事から帰宅後、素足で自宅のフローリングを歩くと踵が痛くなる。
治療対象筋 腓腹筋 ヒラメ筋 前脛骨筋 母趾伸筋
母趾屈筋 後脛骨筋

鍼 寸ー6 3番鍼

治療 おそらく足底腱膜炎になっていると考えられる。
施術としては下腿部の筋肉を緩める事を主として行う。まずは表層の筋肉にアプローチをかけ、徐々に深部筋にも刺激を与えていく、その際に鍼を下腿部の後面と前脛骨筋部にも施鍼していく。
足底部の施術は少しの刺激でも患部には過激な入力と感じてしまう為、下肢全体の施術をするならば上記の順番から施術を行うと足底部も嫌な痛みに過敏にならず治療に励めるようになる。

施術後には、歩行時の痛みは軽減し歩幅の距離が伸びて歩行のケイデンスも上がった。

日常的な痛みも次第に取れだし、今でも少し痛むが以前ほどの感じ方はしないという。
これからどんどんと暑くなるため、世間ではサンダルや底の薄い履物を使用する時期です、上記の治療対象筋肉が慢性的に固くなるため起こりやすい症状である為、増えてくると懸念する。
この様な症状が有れば一度来院をお勧めする。

もうあきらめていた痛み、その辛さ鍼灸筋光線療法にアプローチ変えてみませんか?
柔道整復師 鍼灸師 岡森 徳大
リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com

Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/口コミやスタッフ情報はこちらから

コメント


認証コード1728

コメントは管理者の承認後に表示されます。