陸上競技で早期復帰を目指すなら阪急高槻市駅より徒歩4分のリメイク整骨院へ

施術例

陸上

10代/女性
症状:歩行時痛、しゃがみ込み、 立ち上がり時痛、 ジャンプ時痛

治療対象筋:半腱・半膜様筋
治療カーボン:3001 4008を使用

短距離を専門とする中学生、練習にて、ダッシュで坂道を走ってその後歩いて降っているときに突然、大腿部後面への痛みが出現した。

走ると大腿部後面への痛みが気になり練習後には歩行時にも痛みが強くなりこのままでは『2週間後の記録会に万全のコンディションで臨めない』と不安に思い当院を受診。

来院時の状態は大腿部後面の筋スパズムが強く、運動時痛はしゃがみ込み、立ち上がりで出現した。
坂道を降った際に大腿部後面の筋肉が噛み込み、筋硬結となったのが原因ではないかと考えられる。

施術は主に中小殿筋〜ハムストリングスに徒手を施すと、その日の治療で歩行時痛の消失、しゃがみ込みも可能、ジャンプまで可能となった。

記録会にすら出れないかも、と不安に駆られていた期間もあったがが、2週間の施術で無事にコンディションとメンタルを良い状態に戻し遂に、記録会でベストに迫るタイムを出し、『今後も良い調子で走れそうだと』自信をつける事にもなった。

今回の症状は、坂道をダッシュで降るという高負荷の練習による、ハムストリングスなど大腿部の筋群の血行不良、硬化により痛みに繋がったと考えられます。徒手での原因筋へのアプローチで症状が改善されました。

当然、施術は大腿部だけでなく、臀部、下腿部への施術、光線治療機での全身照射で全身の血流を良好にして患部の疼痛緩和や、運動制限の緩和そして自律神経の働きを良くする必要があり、それは不安や恐怖といった感情を抑制し、治療に対する希望や目標に向けて頑張ろうと思うために行う。

今回の場合は受傷してから早めに来院され、治療ができたことも早く競技に復帰できたと考えられる。

もうあきらめていたその痛み、その辛さ。
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?

柔道整復師 鍼灸師  岡森 徳大

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/口コミやスタッフ情報はこちらから

a:75 t:1 y:0

コメント


認証コード6357

コメントは管理者の承認後に表示されます。