この症状は骨折かな?筋肉かな?リメイク整骨院

施術例
男性/10代

症状:サッカーでボールを蹴る際に股関節に痛みが走り負傷

治療対象筋:臀筋群、ハムストリングス、下腿三頭筋、縫工筋、大腿筋膜張筋、

鍼:2番1寸6分

使用光線:なし

患者さんの訴えとして、左脚でサッカーボールを蹴る時に足が後ろに後屈した際に痛み発現。

右脚で蹴る時も左股関節が軸足にり、その時に痛みが発現。

初診時の治療としては臀筋からハムストリングス、下腿三頭筋を徒手で入り、股関節の中臀筋、小臀筋、上前腸骨棘起始部の縫工筋、大腿筋膜張筋に鍼治療をおこなった。

初診治療後痛みが改善されず、好発原因と好発部位の腫脹感と好発年齢を考え『上前腸骨棘剥離骨折』を疑いエコー観察を実施。

右健側と比べると左の患側が骨が飛んでるように見える。

画像の説明
画像の説明

整形外科の受診を勧め、結果は上前腸骨棘剥離の骨折と診断。
整形外科のレントゲン画像がこちら

今回、通常の股関節の痛みを訴える患者様とは違う違和感があり、エコー観察を試みたのが早期発見に繋がったと考える。

当院ではスポーツ外傷で来院される方も多数来院されます。

その中でエコーを使いながら骨の異常の有無を観察しながら、筋肉の専門治療におこなっている。

骨折後の周りの筋肉も循環が悪くなり、筋硬結や筋浮腫が多くなり、骨折、骨変形に非常に大きな影響を与えています。

もう諦めていたその痛みその辛さ
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?
柔道整復師 鍼灸師 三上隼平

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/
口コミやスタッフ情報はこちら

コメント


認証コード7694

コメントは管理者の承認後に表示されます。