陸上競技で故障への恐怖や不安でお困り方はリメイク整体・整骨・鍼灸院へ

施術例
女性/10代
症状 陸上部の練習で両方のハムストリングスに痛みと張り感を感じてパフォーマンスが低下している

画像の説明

治療対象筋 ハムストリングス 臀筋 大腿四頭筋 下腿前面部 後面部 

使用鍼 2寸 3番鍼 使用

部活動も活発になり始めた頃、この患者様もトラックフィールドで汗を流す1人であった。
練習メニューを消化していく過程において両方のハムストリングに違和感が出た事に気付く。
痛みなどは感じないが、それは徐々に大きくなっていき、それと同時に故障の不安と恐怖が募っていった。
この事を顧問に相談すると「肉離れ」の疑いが出現し、色々と自分で調べて当院を受診する事になった。

問診では、大腿部後面の中央部やや上方に張り感や違和感が出現し、痛みはないが、走っていると次第に足の回転数が低下してタイムが落ちて来ているとの事だった。
検査にて、患部の伸張痛、膝関節の屈曲制限と股関節の屈曲制限が存在していた。

施術は、いきなり患部から刺激を入れずに行う。
大腿部の全面部(大腿四頭筋)を施術をし、そのまま腸腰筋や腹筋にも刺激を入力する、そうする事によりまずは股関節の屈曲可動域を戻す。
その後、患側の臀筋を施術して、今度は伸展可動域を拡大させる。
最後に患部の大腿部後面のハムストリングスに施術を行って完治に至る。

このように大腿部の筋クランプの症状には、いきなり患部から施療せずに、まずはなぜこの場所が痛くなったのかを考え、動きの中でどの部位を治療すれば早く根治になるかを導き治療にあたるのが一番と考える。

その後、違和感や不安は無くなり、またフィールドで汗を流すことが出来ている、しかし練習がハードの為月に2〜4回程来院している。

もうあきらめていたその痛み、その辛さ。
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?

柔道整復師 鍼灸師 岡森 徳大

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/口コミやスタッフ情報はこちらから

コメント


認証コード0830

コメントは管理者の承認後に表示されます。