骨折後のリハビリ、後遺症回復も大阪高槻市のリメイク整体・整骨・鍼灸院へ

施術例
男性/30代

症状:野球で交錯し腕をついた時に手首の骨折
固定が外れても痛みがあるので来院

鍼:1寸6分の3番鍼

リハビリ

運動検査は背屈時に橈骨手根関節付近に痛み
手のぶらぶらができない

骨折時の衝撃とともに骨だけではなく、筋肉も損傷、また長期間の固定による手首周りの筋肉の硬結、浮腫によって関節可動域制限がみられる。

最初に前鋸筋、上腕筋群、総指伸筋、長短橈側手根伸筋、尺側手根伸筋の筋肉に鍼をして、
腋窩〜手首周りの循環の確保
その後に手首周りの筋肉に鍼
橈骨をかすめるように、尺骨をかすめるように鍼を施す

そのあと手背側の筋肉の背側骨間筋や手根骨周りの筋肉、骨を動かすイメージでテンションをかけるように治療

3ヶ月半で曲げれなかった手首が曲げれるようになり、手のブラブラもできるようになってきた。
先日、野球も久しぶりに打つ、ボールを投げるは問題なくできたが、手首をついた時だけまだ痛みは感じる。

骨折は固定が終了してから、終わりではなく、そのあと後療法が大事です。
骨がくっついているのに痛い!!動かない、などは間違いなく筋肉の噛み込みによる硬結が原因である
当院の鍼灸筋光線療法はその噛み込んだ筋肉に対する治療に自信をもっております。

もう諦めていたその痛みその辛さ
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?
柔道整復師 鍼灸師 三上隼平

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/
口コミやスタッフ情報はこちら

コメント


認証コード1974

コメントは管理者の承認後に表示されます。