肉離れには当院の鍼灸筋光線療法が最適!大阪高槻市・リメイク整体・整骨・鍼灸院

施術例
女性性/30代

症状:カポエラで回し蹴りから着地した際にふくらはぎの肉離れ

画像の説明

治療対象筋肉 :臀筋群、ハムストリングス、ヒラメ筋、腓腹筋、前脛骨筋、腓骨筋

鍼:1寸6分の3番鍼

運動検査
しゃがみ込み時にふくらはぎの違和感、痛み。
歩行時にて、足をひきづり足関節の屈伸ができない。

歩行時は足をひきづるようにして歩き、足関節が屈伸できず、すり足であるいており、しゃがみ込み時も曲げる事ができず怖がっている状態。

臀筋からハムストリングスを徒手で治療に入り、患者さんにしっかり場所を聞きながら、下腿部の筋損傷を起こしてる部分は徒手で直接治療せず、周りのヒラメ筋、腓腹筋を徒手で治療し損傷している部分にはあえて鍼と光線治療を施した。

肉離れ、捻挫、など損傷部位は徒手では直接刺激ができない(患者さんが痛がり、刺激を入れると炎症反応を拡大させてしまうため)が、鍼と光線は直接刺激をする事が可能。

筋肉が損傷してる場所は感覚が鈍くなっている場合が多く、意外と鍼で刺激を入れる事が可能で、感覚の回復、損傷の治癒スピードが格段に上がる。

損傷部のヒラメ筋、腓腹筋を鍼と光線で治療を施す。

初診時から5日で少し小走りができるまで回復した。

次の週でカポエラ復帰予定である。

今回予後が非常に良かった理由として、痛めてから治療に入るのが早かったことと、損傷した筋肉に直接刺激を入れることができる、当院の鍼灸筋光線療法が非常に効果的だったということである。
当院の鍼灸筋光線療法は噛み込んだ筋肉、損傷した筋肉に対する治療に自信をもっております。

もう諦めていたその痛みその辛さ
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?
柔道整復師 鍼灸師 三上隼平

コメント


認証コード1671

コメントは管理者の承認後に表示されます。