シンスプリントの原因は使いすぎだけではない。リメイク整骨・鍼灸・整体院

今回の患者さんは中学生の女の子。

シンスプリント

陸上の中距離の選手でこの1ヶ月ほど両下腿の内側(スネの内側)に痛みがあるとの事で来院されました。

事前に整形外科でレントゲンを撮ってもらって骨の異常は無し、いわゆる『シンスプリント』の初期段階です。

原因としては真面目な性格で多少痛みを感じても休まず練習を続けていた事による疲労の蓄積と成長期で身長が伸びたり体重が増えたりという事で身体のバランスが変化し膝や足首への負担が大きくなった事が考えられます。

その他の所見としては、
食が細くお肉など食べられないものがたくさんある。
アイスクリームが好きで毎日1個は食べている。
など発育期としては栄養状態も良いとは言えず、身体の回復力を阻害しています。
また、異常な寒がりで手脚が冷たい。お腹の調子が悪い。熟睡出来ない。などいわゆる自律神経症状も見受けられます。

今回は徒手治療とコウケントーによる光線治療で始めました。

①先ずは痛みのある部位に徒手及び光線治療を行います。
下腿の内側にある長母趾屈筋・長趾屈筋、下腿後面の腓腹筋・ヒラメ筋(特に筋からアキレス腱に変わる部分です。

シンスプリント

②次に大腿部の大腿四頭筋から臀部の大臀筋・中臀筋へとアプローチしていきます。

シンスプリント

これだけで治療前と後で痛みの程度は軽くなり、女の子の表情も明るくなりました。

続いて、コウケントーを背中とお腹に適宜照射し身体全体が温まるようにしてこの日の治療は終了です。
お腹に当てている時が温かくて気持ち良いと言っておりました。

今後は痛みの治療だけではなく自律神経系の症状にもアプローチしていくために週2回の保険治療と40分の特別診療を組み合わせてやっていきます。

どのような症状でも、痛みや違和感ある時は無理をせず、先ずは心身共にゆっくり休ませる事が大切です。

同じ様な症状でお悩みの方、一度リメイク整骨院へご相談ください。

もう諦めていたその痛みその辛さ
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?
柔道整復師 鍼灸師 あん摩マッサージ指圧師 西田英夫

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/
口コミやスタッフ情報はこちら

コメント


認証コード0882

コメントは管理者の承認後に表示されます。