連日肉離れの患者様が来院されています。お悩みの方はリメイク整体・整骨・鍼灸院へ

今回の症例はふくらはぎの肉離れです。
スポーツの秋という事もあり、
最近特にスポーツで怪我される方が多いですね。

40代 女性
治療対象筋肉 :ヒラメ筋、腓腹筋、長母趾屈筋、中殿筋

鍼:2寸3番

〈発生機序〉
バドミントンをしていて、強く踏み込んだ際にふくらはぎに痛みが出現し、まともに歩く事が出来なくなった。

その後3日間様子を見ていたが痛みが変わらず、睡眠の際も軽くふくらはぎに布団が当たるだけで痛みが出るため、4日目にして来院されました。

来院された時もまともに歩けず、踵を地面につけれず、つま先立ちで歩いていらっしゃいました。

院長と一緒にエコーを確認しましたが、
筋損傷がほとんど見られず、筋繊維の噛み込みが痛みの原因と考え、当院の鍼灸筋光線療法が最適の治療法だと判断しました。

両足を触ってみると、氷のように冷えきっていて、患部は軽く触れても痛みがありました。
循環がかなり悪くなっていると考えられます。

初診時は徒手治療は控えめにして、光線療法でしっかり温めながら、患部周囲の筋肉を鍼治療で緩めました。

その後、治療を連日行い、3回目の治療後(受傷からちょうど1週間)には少しずつ歩けるようになりました。

光線

4回目の治療時には歩く際の痛みもほとんど無くなり、「日常生活の不安がほとんど無くなった」と嬉しいお声を頂きました。

光線

現在、受傷から2週間経過し歩行も問題なく出来ており、完治までに1~2ヶ月かかると言われる肉離れの症例としてもかなり早期回復の経過を辿っています。

私自身、リメイク整骨院に来てからまだ間もないですが、過去に勤めていた整骨院や整形外科と比較しても、鍼灸筋光線療法は筋損傷に対する治療効果は抜群です。

治療経過が上手くいかず、
なかなか症状が変わらない方
一度当院の治療を受けてみませんか?

もう諦めていたその痛みその辛さ

鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?

柔道整復師 鍼灸師 今井 将司

症例動画はこちら↓↓↓
https://ameblo.jp/re-make-seikotuin/entry-12701663577.html

コメント


認証コード9905

コメントは管理者の承認後に表示されます。