手首の痛みにお困りの方は大阪高槻市のリメイク整体・整骨・鍼灸院へ

施術例
女性/50代 主婦

症状:手を床についた時の右手首の痛み

治療対象筋:脊柱起立筋、多裂筋、前鋸筋、上腕三頭筋、上腕二頭筋、尺側手根伸筋、指伸筋、腕撓骨筋、長及び短橈側手根伸筋

手首

今回の症例は、手首の痛みです。

原因は不明だが、手をついた時に右手首の小指側が痛み、手をつくのが辛い。

最近は椅子から立ち上がる時や、体を起こすときに痛く、手をつけないので肘をついて体を起こしているそうです。

運動検査を行うと手首を動かすだけでも痛く、特に手首を返す動き、小指側に倒す動きが痛みが強い。

これらの事から、前腕伸筋群の中でも特に尺側手根伸筋の短縮痛、収縮痛が原因で手をつけなくなっていると考えられます。

この筋肉は前腕の小指側から肘にかけて付いており、手首を小指側に倒す(尺屈)、手首を返す(背屈)時に使う筋肉です。

徒手療法で、この筋肉が骨にこびり付くように硬く、さらに少し盛り上がっているように感じました。
刺激を入れると痛みも強く、徒手療法だけよりも鍼治療が有効であると考えました。

鍼治療を行った後は手首を動かした時の痛みが和らぎ、動かしやすくなりました。
手をつく時の痛みも軽減し、
少し安心されたように感じました。

今回の症例がなぜ起こったのかを考えて、患者さまに質問をしていていると、とても掃除が好きで1日に雑巾がけを1.2時間している事が分かりました。

つまり過度な負担がかかっていたために起こった症状です。

ですがこのような症状は手首を使いすぎただけではなく、首や背中の筋肉が緊張していて、
肩から手にかけての血流が悪くなっている方に多く起こると考えられます。

筋肉にかかる負担と、体を回復させる自己治癒力のバランスが崩れてしまい、自分の力だけでは治すことが出来なくなってしまった時に、症状となって体に知らせます。

当院の鍼灸筋光線療法は痛みのある患部だけではなく、全身の調整を行います。光線療法で体を温め、全身の循環を良くしながら徒手療法、鍼治療を行う事で、より早期の回復が期待されます。

症状がなかなか良くならない方は是非一度ご相談下さい。

もう諦めていたその痛みその辛さ
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?
柔道整復師 鍼灸師 今井将司

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/
口コミやスタッフ情報はこちら

コメント


認証コード6795

コメントは管理者の承認後に表示されます。