不眠症でお困りの方へ

不眠症の画像








こんなお悩みありませんか?

 布団に入っても中々寝付けない
 夜中に3回以上目が覚める 
 夜中に目が覚めたらなかなか寝付けない
 起きたい時間よりも2時間以上も早く起きる
 起きた時にスッキリしない




不眠症でお困りの方へ

当院の

鍼灸光線療法

で症状のアプローチを変えてみませんか??




11月10名




不眠症の

解放されると

気分が良い
やる気がでる 
集中力があがる
作業効率が上がる
自分のやりたいことが出来るようになり心が充足される




不眠症とは?

不眠症とは必要に応じて入眠や眠り続けることができない睡眠障害である。それが持続し、臨床的に著しい苦痛、または社会的、職業的、または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている場合に精神障害となる。
Wikipediaより引用

不眠のタイプは主に4つに分類されます。

・入眠障害(なかなか眠れない) 
  布団に入ってから寝るまでに30分から1時間以上かかる

・中途覚醒(夜中によく目が覚める)
  睡眠中になんども目が覚めたり一度起きたあと、なかなか寝付けないタイプ。
日本の成人の方では、不眠の訴えの中で最も多く(15〜27%)、中高年でより頻度が高いと言われています。

・早朝覚醒(朝早く目が覚める)
  朝、予定時間より2時間以上前に目が覚めてしまいその後眠れなくなってしまうタイプ。
高齢者に多く見られます。

・熟眠障害(ぐっすり眠った気がしない)
  睡眠時間を十分にとったのに、熟睡感が得られないタイプ。
他のタイプの不眠症を伴っている場合もあります。

快眠ジャパン より引用 http://www.kaimin-japan.jp/mechanism/type/

不眠症の原因は主に5つと言われています。
①身体的疾患を伴うもの
  中枢神経疾患、循環器系疾患、呼吸器系疾患
②生理学的不眠
  時差ぼけ、交代勤務など
③心理学的不眠
  精神的ストレス、恐怖体験など
④精神疾患に伴うもの
  うつ病、統合失調症
⑤薬理学的不眠
  アルコール、向精神薬




どうすればよくなる?
はてな??

睡眠が取りにくくなるとき、まず考えられるのが

「睡眠薬」

第1の選択とされることが多いですが、睡眠薬の乱用は非常に危険です。ここでは多くは書きませんが、現在も使用している方は徐々に少なくする。しかし、無理に睡眠薬を中止するとリバウンドでカラダがついていけない場合がありますのでご注意ください。
処方を受けてない方は「睡眠薬」は最終手段として考え、まずは自力で改善することをお勧めします。




自力で改善する方法として7つのポイント

①朝、起きた時に朝日を浴びる
②コーヒーや緑茶などカフェインの入った飲み物は午後2時までに
③寝る2時間前はテレビやスマホなど映像を観ない
④お酒をやめる
⑤適度な運動、体を疲れさせる
⑥入眠時間をお風呂上がりから90分後に設定する
深部体温が下がる時に入眠しやすい為
⑦寝る前に腹式呼吸ならぬ、『腹圧呼吸』を2分ほどする
横隔膜には自律神経が集中しています。就寝中に副交感神経が行う回復作業をサポートでき、睡眠の質を上げられる。






今までの治療で効果がなかったのはアプローチする場所が違ったからではないですか??
当院では他の院が着目していない「筋肉」を重要視しています。
治療の方法は

鍼灸光線療法
体の状態が

硬い→柔らかい
冷えている→温かい

筋肉を柔軟な温かい状態にし
身体の自然治癒力を高める治療法です。

特に、不眠症では
背中の筋肉の
「多裂筋」、「最長筋」

首の筋肉である
「頭半棘筋」、「肩甲挙筋」

頭をおおう、
「帽状腱膜」

などが重要になります。

これらの筋群を中心に筋肉の状態を良くすることで、症状の改善を促します。

ご予約は
画像の説明

「不眠症の治療を受けたい」とお伝え下さい。

友だち追加

LINEでのご予約の場合は
・お名前
・症状
・希望の時間
(第三希望まであれば)
・不眠症のコースが受けたい

上記の項目をお書きの上
送信をお願いいたします。






なぜ2.980円?

・1回の治療じゃわからない
・初めてなので高額な治療費は不安
・そもそもどういうところなのかわからなくて不安

そんな方に1回ではなく
3回、お試しで治療を始めませんか??

たった1回の施術で症状が根治することは多くはありません。

「ここなら症状が楽になりそうかな」
「ここなら私のカラダを任せても良いかなぁ」

費用の負担を気にせず治療のお試しをしていただこうと思いました。




11月10名

もちろん1回の治療で劇的な効果が出ることも少なくありません。
しかし、長年かけて変化(悪化)したカラダを作り直すにはある程度の期間が必要になります。
その期間、悪化した筋肉を治療し共に根治を目指しましょう。

『その不眠症がなくなったら何がしたいですか?』

解放されると
 気分が良い
 やる気がでる 
 集中力があがる
 作業効率が上がる
 自分のやりたいことが出来るようになり心が充足される

 

「治りたい!!」 or 「そのまま症状を悩んで何も行動しない」

行動し症状を良くするチャンスがあなたにはあります。

 布団に入っても中々寝付けない
 夜中に3回以上目が覚める 
 夜中に目が覚めたらなかなか寝付けない
 起きたい時間よりも2時間以上も早く起きる
 起きた時にスッキリしない

 

そんなあなたから私、副院長の池田が不眠症から解放するお手伝いをしたいと思います。

副院長のプロフィール
名前 池田 龍一  
池田先生
 小学校から高校までサッカー一筋、夢中でボールを蹴っていました。
高校2年生の時、メンバーに入れなかった悔しさから過度に練習、セルフケアの不足により股関節の筋肉を痛めたことがきっかけでこの世界に興味を持つ。
リメイク整骨院が開業した時からのスタッフとして臨床経験を積み、
H26年副院長を任される。
現在ではリメイク整骨院内で臨床経験を積みながら院内で開催されるMT-MPSベーシックセミナーのサポートもしている。

a:26 t:1 y:0