めまいでお困りの方は整体・整骨・鍼灸、高槻市駅から徒歩4分のリメイク整骨院へ

施術例
女性/40代

症状:
この患者様はもともと頭痛持ちで、ある朝からめまいがするようになりました。
怖くなり脳神経外科など
病院を周り検査をしましたが異常がみられなかったようです。
そこでご友人の紹介もあり
当院にご来院いただきました。

治療対象筋:
側頭筋、頚部の筋群、多裂筋

めまい

めまい

この患者様は看護師で、介護的なお仕事からデスクワークまで身体に負荷のかかる仕事も多く、もともと頭痛あり、その症状も頚部の特に後頭下筋群の緊張と共に連結のある帽状腱膜の緊張からなるものだと考えられる。
ここから以前よりこの患者様は頚部の過緊張状態が続いており、それにより帽状腱膜で連結する三半規管に近い側頭筋まで硬結形成され過緊張状態が持続して、その結果、筋血流障害が起こり、めまいを訴えていたと考えられます。

運動検査では頚部伸展時、回旋時に痛みまた可動域制限が診られたので脊柱起立筋~頚部を中心に治療に入りました。
治療としては主に肩甲挙筋とその他頚部の筋肉と頭部の側頭筋の徒手を数回繰り返すとめまいの症状は軽くなりましたが、

症状が中々取りきれなかったので、頚部筋群だけでなく、
循環経路の核である脊柱ラインと深層にある多裂筋の緊張が関与していると考え、この後に3回ほどの多裂筋の重点的な治療でめまいの症状が消失したと大変喜んでいただきました。
また、頭痛の回数が減り、程度も軽くなりました。

めまいの治療は局所だけでなく、頚部の筋群に限らずそれに連なる脊柱起立筋とより深層にある多裂筋を治療することが重要だと感じました。

もうあきらめていたその痛み、その辛さ。
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?

柔道整復師 倉橋 慎

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/口コミやスタッフ情報はこちらから

コメント


認証コード3248

コメントは管理者の承認後に表示されます。