成長期の膝の痛み(オスグッドシュラッター)でお悩みの方は大阪高槻市のリメイク整骨・整体・鍼灸院へ

成長期特有の痛みは様々ありますがサッカーや陸上など膝への過度な負担から起こる痛みをオスグッドシュラッター病といいます。
いわゆる膝のお皿の下のところが著明に隆起し押すと痛みが生じます。
キック動作や膝の屈伸動作により膝や大腿部、下腿部及び臀部への過度な負担により血行不良となり筋腱内の循環環境が悪くなり筋が硬化し発症します。

このような症状に対する当院の治療を紹介します。

【治療対象筋】
臀筋、大腿四頭筋、大腿筋膜張筋、ハムストリングス、前脛骨筋、下腿三頭筋及び足底。
【使用する鍼】
寸6、3番

先ずは伏臥位で左右の臀筋から下部の筋肉の状態・脚長差などを確認。患側の臀筋からハムストリングスが硬くなっていることを確認しそれを踏まえて、側臥位になり患側の臀筋、大腿筋膜張筋、外側広筋へ徒手と鍼治療を施します。

オスグット

続いて、仰臥位で大腿四頭筋、大腿筋膜張筋、膝蓋骨周囲、前脛骨筋へアプローチ。

オスグット

成長期のスポーツ選手に対して全般にいえることですが、痛みがあるうちは練習・トレーニングを控えて治療に専念していただくことをお勧めします。
この時期に無理をしてしまうと痛みが慢性化したり他の箇所に痛みが出たり、最悪の場合は選手生命を脅かす恐れがあります。
大事な将来のために休むことも一つの大切な練習ととらえて前向きに治療に取り組んでいただきたいです。

同じ様な症状でお悩みの方、一度リメイク整骨院へご相談ください。

もう諦めていたその痛みその辛さ
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?
柔道整復師 鍼灸師 あん摩マッサージ指圧師 西田英夫

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/
口コミやスタッフ情報はこちら

コメント


認証コード8893

コメントは管理者の承認後に表示されます。