バスケットで負傷した筋肉も整体・整骨・鍼灸のリメイク整骨院へ

施術例
10代/女性

バスケ

症状 バスケットボールをしていて、下腿部の内側に痛みが出てプレーの質が下がり集中出来ないため来院
治療対象筋肉 腓腹筋 ヒラメ筋 後脛骨筋 長拇趾屈筋
鍼 寸6 3番 散鍼

患者のポジションはセンターの選手として活躍、自然とダッシュ&ストップや、ジャンプの着地からすぐにダッシュをする事も多く、また、ターンでの切り返し等下腿部にかかる負担はスポーツの中でも多いと考える。

その多様性のある足の動作を要求されるために、下腿部の筋肉が硬くなってしまう事が多い。
その中でもヒラメ筋や後脛骨筋等の深層筋が硬くなってしまうと、脛骨の骨幹部内側部に関連痛としてシンスプリントを発症してしまう。

この病態を放置していくと、筋群が脛骨の骨膜を引っ張ることになり骨膜炎となりさらに痛みを誘発する。

さらには脛骨の疲労骨折となると競技生活を大きく損なう事になるかもしれない。

治療は対象筋肉に刺激をしっかりと入力し、緩めていく、また上記以外でも、臀筋や下腿部の前面部の筋を治療する。

シンスプリントを発症する様な状態では圧痛が顕著に現れ、刺激入力が困難になる事が多い、そのため鍼治療による深部に対するアプローチが効果的であるため、鍼治療の効果を期待する疾患であったと考える。

徐々に刺激を受けれる様になり、治療を数回行うと痛みも良くなりプレーが満足に出来るようになった。

ただほんの少しの痛みであっても、それをそのまま放置しておくと後々大変な事になる事はよくある話である、もし痛みでお困りの方はぜひ一度相談下さい。
もうあきらめていた痛み、その辛さ
鍼灸筋光線療法にアプローチ変えてみませんか?
柔道整復師 鍼灸師 岡森 徳大
リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com

Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/口コミやスタッフ情報はこちらから

コメント


認証コード2369

コメントは管理者の承認後に表示されます。