20数年来続く右を向いた時に感じる首の痛みなら、高槻市リメイク整骨院へ

施術例
60代 男性

症状:20数年来続く右を向いた時に感じる首の痛み

治療対象筋:僧帽筋、肩甲挙筋、脊柱起立筋(頭最長筋)

使用鍼:5番 1寸6分 

首

数年前に仕事をリタイアし、テニス、ゴルフを楽しまれている方です。

きっかけは朝、腹筋運動のように起き上がる際に腰に痛みがでるため来院。

数回の治療で腰の痛みは取れ、長年どこにいっても変わらなかった首の痛みを治療してみようかと思い相談を受け治療を開始。

症状は脊柱起立筋(特に上位胸椎の多裂筋領域、右頭最長筋)、右僧帽筋下降線維、右肩甲挙筋の硬結が強く、同部位の頚椎6、7番の高さに痛みを感じる。

首

首の重点的治療1回目で首の右回旋の可動域が広がり、右を向いた時の痛みが減少。

7回の治療で右を向いた時の痛みが気にならない程度まで変化。

右を向いた時の可動域は左と比べると少し違和感が残るもののほとんど感じないぐらいまでになりました。

当院の鍼治療は骨の際に付着している筋膜、重なり合った筋肉と筋膜を意識して治療しています。
そんな筋肉、筋膜にマニアックに施術する院はありません。だからリメイク整骨院は他院では変わらなかった症状が変化することが多いのです。

参考文献
筋臨床運動学 講義ノート
著者 小林 紘二

もうあきらめていたその痛み、その辛さ。
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?

副院長 鍼灸師 池田 龍一

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/
口コミやスタッフ情報はこちらから!

コメント


認証コード3985

コメントは管理者の承認後に表示されます。