捻挫の治療は固定・安静だけではありません。早期回復を希望される方はリメイク整体・整骨・鍼灸院へ

施術例
右足首の捻挫

40代 女性

治療対象筋:長短腓骨筋、前脛骨筋

使用鍼:3番1寸6分

使用カーボン:3001-4008

捻挫

12月の初めに地面の段差に足をとられ足首を捻挫された患者様です。
捻挫した際、痛みが強く20分ほどその場でうずくまり、なんとかタクシーで近くの整形外科さんに受診。

「骨折などはないが靭帯が少し伸びてるね。症状がよくなるまでは早くて1カ月かかります。」
とのこと。
当日は固定装具を作ってもらいなんとか家に帰られました。

当院には翌日に来院。

外果(小指側のくるぶし)周囲から足背、足底とかなりの腫れが出ており、歩行でも痛みが強くありました。
患者様も
「昨日より痛みと腫れが増してる!」
とお話されていました。

痛みは靭帯や筋肉の損傷により血管が破れ、組織液が患部に貯留することで強くなります。
今回の患者様も一日で足首周囲が腫れて痛みが増強したと考えます。

そこで施術では捻挫の損傷やその後の痛みにより硬くなった下肢の筋肉を緩め、血流改善を行い、早期に足首の腫れが引くように行いました。
40分の集中筋リメイクにて殿部(お尻の筋肉)~足首までの筋肉を緩める施術を行い、光線療法を併用しました。

治療後はまだ足を着くときに痛みは残るものの足を着いて歩けるようになりました。

「来た時と全然違いますね!足が(地面に)つけるようになりました!すごいですね!!」
と喜びの声を頂きました。

4回の施術で痛みがかなり軽減され、 "早くて1カ月はかかる" と言われていた捻挫が10日ほどで普段と変わりなく生活が出来るようになりました。

足首の捻挫では靭帯の損傷に注目されますが、臨床の経験上、筋肉の損傷が非常に重要になります。
特に

「長短腓骨筋」

(膝の下、外側から見た左足の図)

腓骨筋

(膝から下を前方から見た左足の図、赤いペンが腓骨筋の走行です)

腓骨筋

は捻挫した際に損傷しやすい部分であり、この筋肉を放置すると痛みが引いた後でも動きが悪くなり、捻挫を再発しやすくなります。

痛みは軽減したがこの筋肉が硬い状態で放置されると捻挫の再発の確立が大幅に上がります。

早めに治療を行い、早期回復を目指しましょう!!

参考文献
筋臨床運動学 講義ノート
著者 小林 紘二

もうあきらめていたその痛み、その辛さ。
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?

副院長 鍼灸師 池田 龍一

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/
口コミやスタッフ情報はこちらから!

#捻挫#鍼灸#リメイク#血流改善#整骨院#大阪府高槻市#早期回復

コメント


認証コード0522

コメントは管理者の承認後に表示されます。