グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)でお悩みの方はリメイク整体・整骨・鍼灸院へ

施術例
10代/男性
症状 サッカー中に股関節が痛くなり、あまり良くならず当院に来院

サッカー

治療対象筋 臀筋、大腿四頭筋、縫工筋、内転筋、腸腰筋、腹筋

使用鍼 寸ー6 3番鍼

サッカーでの股関節の負担は非常に大きい物がある、単純に走る、飛ぶ、スッテプにターン等、ありとあらゆる方向に動く事、そして、パス、キックにシュートと更に追い討ちをかけるように負担が強いられている

1ヶ月前から痛みが発生して、整形外科より「グロインペイン」と診断を受ける、言いつけ通りに練習を欠席し、数週間経つも痛みは治らずにいた為、当院を受診する。
当初はサッカーでの痛み(キック、ダッシュ等)が両股関節の鼠蹊部に出てプレーがまま成らない。
運動検査では、股関節の屈曲と内旋での運動痛が顕著に出た。また自動運動では屈曲と伸展の可動域が狭くなって歩行などの日常生活にも支障が出ている。

グロインペインは一般的に治りにくい疾患として認知されている。
確かにサッカーを続けている限りはこの痛みに付き合っていく事になる確率は高くなるだろう
しかし、原因とケアの仕方をしっかりと理解をする事により、根治は難かしいかもしれないが、プレーはできる可能性は大いにあると感じる。

原因としては、サッカー独特の片足立ちからのキックというアンバランスでのプレーが最たる理由だと言われている。

施術としては、股関節周辺の筋肉を緩めていくが、腹筋や臀筋など対象範囲が幅広く、そして深部にまで固まった筋が存在する為、完治が難しい。
ここが治りにくいと言われている所以だと感じる。

しかし、回数を重ねて施術をし、徐々に筋肉を緩めていくことを行うと
数回では日常生活への痛みを軽減できた。
だが競技の復帰は一進一退といったところである、ダッシュやショートパス等はある程度できるようになったが、負傷する前の状態には戻ってはいない。

継続してしっかりと施術を続けていきたい。
 

もうあきらめていたその痛み、その辛さ。
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?

柔道整復師 鍼灸師 岡森 徳大

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/口コミやスタッフ情報はこちらから

コメント


認証コード7379

コメントは管理者の承認後に表示されます。