胸郭出口症候群でお悩みの方はリメイク整体・整骨・鍼灸院へ

今回は、肩甲骨・首周り・腕の痛みで夜中に目が覚めてしまう方の症例です。

50代/女性  胸郭出口症候群

施術前

胸郭出口症候群

症状

数週間前から、就寝中に左肩甲骨付近に痛みが出現し、夜中に何度も目が覚める

寝る時の姿勢は、左側が下

普段の姿勢からも首元が縮こまっていて、左側を下にして寝ることで左側の首周りの筋肉が硬くなり、神経を圧迫することで痛みが出る

治療

筋集中リメイク70分の施術で、首肩周りだけでなく、股関節・腰臀部に鍼灸筋光線療法でアプローチし、リメイク筋矯正を行いました

※首周りの治療だけでは改善しません

胸郭出口症候群

施術後は首が起き、首元の縮こまりが軽減された

その後、5回程治療を行い(個人差あり)現在は、ぐっすり眠れているようです

同じような症状でお困りの方に、筋集中リメイク・筋矯正がオススメです

もう諦めていたその痛みその辛さ
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?
柔道整復師 鍼灸師  浜崎 裕太

コメント


認証コード6862

コメントは管理者の承認後に表示されます。