成長痛、オスグッドでお悩みの方は、膝ではなくお尻にアプローチするリメイク整骨院へ

成長期の膝の痛みについて。
中学一年生の男子。サッカー部に所属しています。
小学生の頃からサッカーを始めたが今回初めて膝の痛みを感じ、なかなか痛みが引かないということで来院されました。

問診や運動検査をしたところ謂わゆる成長痛の一種『オスグッド・シュラッター病』と判断しました。
これはスポーツを活発に行う発育期の男児にみられることが多い病気のひとつです。
サッカーやバスケットボールなどの膝に負担がかかるスポーツにより発症し、膝の下(膝のお皿の下)に痛みを伴う隆起が生じます。

【原因】
膝に慢性的な運動負荷がかかることにより発症します。

サッカーやバスケットボール・陸上競技など走ったり飛んだりする事が多いスポーツで膝に継続して強い力がかかるため、大きな負担が生じ発症します。

成長期には骨はかなりのスピードで伸びますが、筋肉や腱は骨が伸びていくスピードにはついていけず、相対的に筋肉や腱が短く、骨と筋・腱の「不適合」状態となるため、同じ運動負荷でも筋肉や腱が骨へ付着している部分への負荷がより大きくなっています。

つまり身長がどんどん伸びている時期はオスグッド病などが発症しやすい状況と言えます。

その特徴的な所見としては、、
*膝のお皿に相当する膝蓋骨の下に隆起が生じる。
*骨の隆起部に痛みが生じる。痛みは、特にジャンプしたり走ったりする動作時に増強する。
といったものがあげられます。

【症状】
*隆起部を圧迫すると痛みを感じる。
*歩行時の痛み。
*膝を曲げたときの痛みで深くしゃがむことが出来ない。

【治療対象筋】
大臀筋、中臀筋、大腿四頭筋、前脛骨筋。

【使用する鍼】
1寸6分の3番鍼。

【施術】
最初に横向けに寝た状態で大・中臀筋及び外側広筋・腸脛靱帯へ徒手治療と鍼施術を行います。
痛みのある箇所は膝ですがこのような症状の場合、臀筋への負担がかなりかかっているので臀筋がかなり硬くなっています。
ですので先ず臀筋へアプローチしていきます。

臀筋

続いて上向きの状態で大腿四頭筋及び前脛骨筋に徒手と鍼施術を行います。

【結果】
*歩行時の痛みが軽減。
*深くしゃがむことが出来るようになった。

同じ様な症状でお悩みの方、一度リメイク整骨院へご相談ください。

もう諦めていたその痛みその辛さ
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?

柔道整復師 鍼灸師 あん摩マッサージ指圧師 西田英夫

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/
口コミやスタッフ情報はこちら四頭筋に徒手と鍼施術を行いました。

【結果】
*歩行時の痛みが軽減。
*深くしゃがむことが出来るようになった。(写真②)

成長痛

写真②
同じ様な症状でお悩みの方、一度リメイク整骨院へご相談ください。

もう諦めていたその痛みその辛さ
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?

柔道整復師 鍼灸師 あん摩マッサージ指圧師 西田英夫

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/
口コミやスタッフ情報はこちら

コメント


認証コード2660

コメントは管理者の承認後に表示されます。