首から脇腹への痛みは大阪高槻市のリメイク整体・整骨・鍼灸院へ

今回は首から肩にかけての痛みと左の肋骨に痛みと違和感を訴えられている患者様です。

【症例】

40代 男性

・首を動かすと左の首から肩が痛く、常に重い感じがある。
(特に右側屈と後屈し左回旋)

・左の肋骨5・6番付近に違和感があり、痛みは時々感じる。

仕事で前屈みになる事が多く、以前から首や肩に痛みも感じていたが、多忙の為来院できず、湿布などで騙し騙し凌いでいた。

徒手療法で左の前鋸筋・肩甲挙筋を中心に、多裂筋と頭半棘筋に鍼治療を行った。

治療対象筋:前鋸筋・肩甲挙筋・頭半棘筋・多裂筋
治療鍼:2番 1寸6分 3本

前鋸筋

参照:筋臨床運動学 小林紘二

まず仰臥位で肩甲挙筋と筋連結をしている前鋸筋等から徒手療法で施術し、再度首の動きを確認すると
「ほとんど痛みがなく、動かす時の違和感が残るぐらいです」と驚いておられました。

その後、伏臥位で多裂筋や半棘筋などを徒手や鍼治療で施術を行った。

術後は痛みはなく、違和感も軽減。
術前に患者様が「いつもは痛みが出る度に来院し、痛みが無くなると行かなくなるんです」と仰っておりました。

今回はすぐに痛みはマシになったが痛みが出てからでは、症状を改善するまでに時間がかかる旨を伝えた所、今回は痛みが出ない様に身体を改善したいとの事で、経過をみながら筋矯正を行う治療計画を立てた。

痛みが出ている場所の筋肉だけが原因ではなく、痛みが出ている筋と連結している筋、又は補助筋などを緩めて、体の連動性を付けてあげる事で、痛みが可動域が改善される事が多くみられます。

痛みが無くなり状態が良くなった後は、しっかり筋矯正で全身のバランス整え、痛みが出ない身体を作っていきましょう!

もう諦めていたその痛みその辛さ
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?
柔道整復師 鍼灸師
片桐 由貴

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/

コメント


認証コード4860

コメントは管理者の承認後に表示されます。