繰り返すシンスプリントの原因は?整体・整骨・鍼灸の高槻市駅から徒歩4分のリメイク整骨院へ

施術例
男性/10代

シンスプリント 高槻

症状:バドミントンでジャンプの着地やステップの繰り返しによる
下腿部付近の痛み

治療対象筋:大殿筋、中殿筋、ハムストリングス、
下腿三頭筋、長拇趾屈筋、前脛骨筋、腓骨筋
使用鍼:1寸6分5番

運動検査では片足ケンケンがうまくできない
しゃがみ込み時の脛骨内側部付近の痛み

治療内容
殿筋から大腿部~下腿部を徒手
メインの治療対象はヒラメ筋 後脛骨筋

この筋肉は足関節の底屈、内反作用があり
足底部や脛骨の痛み深く関与してくる筋肉である。

徒手と鍼で上記の筋肉にアプローチを施した後にしゃがみ込み時の内果の痛みは軽減され、片足ケンケンもスムーズにできるようになった。

この下腿三頭筋の深層にある
長拇趾屈筋、ヒラメ筋、後脛骨筋の深層筋肉は
シンスプリント、足首の捻挫など深く関与してくる筋肉であり、深層にある大きな血管とも密接な関係がある。
下腿部の循環経路確保するには非常に重要な筋肉である。

・捻挫を繰り返し再発する方
・内くるぶし、外くるぶしの痛みで苦し出る方
・ジャンプや室内スポーツで足首に負担がかかっている方
一度リメイク整骨院にご相談下さい。

もう諦めていたその痛みその辛さ
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?
柔道整復師 鍼灸師 岡森 徳大

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/
口コミやスタッフ情報はこちら

コメント


認証コード7977

コメントは管理者の承認後に表示されます。