オスグッドによる膝の痛みでお困りの方は高槻市のリメイク整骨院へ

10代/男児
症状:オスグットによる膝痛
治療対象筋:大腿四頭筋、中・小臀筋

治療カーボン:なし

サッカーが痛くてできない、走れない、しゃがめないと病院へ、オスグットだと診断を受けました。
ですが病院での症状の変化が無く、友人の紹介でご来院いただきました。

オスグッド

まずオスグットとは
10~15歳の成長期の子供が、跳躍やボールをけるスポーツをし過ぎると、発生する症状で大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の力は、膝蓋骨を経由して膝を伸展させる力として働きます。膝を伸ばす力の繰り返しにより、大腿四頭筋が膝蓋腱付着部を介して脛骨結節を牽引するために、脛骨結節の成長線に過剰な負荷がかかり成長軟骨部が剥離することで生じます。

ただ上記の説明でいうと大腿四頭筋の緊張が大分の原因だと思われがちですが…そうではありません。
何故、大腿四頭筋が緊張してしまったのか…
サッカーでの蹴るという動作は
膝だけで行なっているわけではない。
上半身との連動、股関節、足首など全てが連動して初めてスムーズに蹴ることができます。
ただそのどこかが悪くなり…使えなくなるとそこ以外のところが頑張らないといけなくなり今回被害者になったのが大腿四頭筋ではないかと考えられます。

オスグッド

なので今回は歩行等から上半身の動きの悪さも見られたので、大腿部、臀部の治療を中心としながら上半身の動きにも着目し治療をさせていただきました。

3回ほど徒手で治療を行うと
あれ!しゃがむのも、走るのも痛かったのに
練習の後少し痛むくらいで、
練習が痛み無くできた!と喜びの声をいただきました。

オスグットは器質的に変形するのは骨で、且つその原因は大腿部前面の筋肉ではさありますが…
そこを頑張らせてしまっている
上半身との連動性、股関節、足首の動き等、大元はもっと離れたところにあります。

もうあきらめていたその痛み、その辛さ。
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?

柔道整復師 倉橋 慎

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/口コミやスタッフ情報はこちらから

コメント


認証コード7527

コメントは管理者の承認後に表示されます。