骨折後の原因不明の痛みは大阪高槻のリメイク整骨・整体院

施術例
女性/50代

画像の説明

症状:
右手の小指骨折後の固定で拘縮が生じ、DIP関節の可動域制限と運動痛。

治療対象筋:
総指伸筋、虫様筋、骨間筋、

前鋸筋、上腕三頭筋

患者様はバレーボールの試合で、ボールで指をついた際に骨折をし、マレット変形になった。
すぐに整形外科にて診断して頂き患部を固定した。
しかし直ぐに固定をしてしまったために除去後、拘縮が生じて指が動きにくい事に気づく。
また、そのせいで周辺の筋肉も筋硬結が形成されてしまい、手をパーにする動作がしづらくなった。よくドアノブをつかもうとすると手が開き切らずに指を突いてしまうことも多くなり辛い思いをする。

上記の図の症状はバレーボールで指を突いた際に周辺の筋肉が過緊張のまま固定したことにより患部が伸縮性を失い、可動域制限また運動痛をも引き起こしているのではないかと考えられる。

まず、患側への循環を良くするために前鋸筋を中心に施術を行った。
主に前鋸筋と筋連結している脊柱起立筋に徒手を行った。2回目以降からは指の可動域、柔軟性を高めるために上腕部、前腕部を徒手で数回繰り返した。
特に前腕伸筋群と虫様筋、骨間筋に刺激を入力するとみるみる指の動きが良くなり、
『パーをするときの指の動きがスムーズになり普段指を突かなくなりました。』また、『薬指も動ごくようになり痛みもありません。』と大変喜んでいただいた。

骨折時は固定が必要な場合はもちろんあるが、着脱式の固定具にて早期に患部に施術出来れば除去後の拘縮、運動機能の低下は防げるのではないかと感じた症例であった。

もうあきらめていたその痛み、その辛さ。
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?

柔道整復師 鍼灸師   岡森徳大

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/口コミやスタッフ情報はこちら

コメント


認証コード2872

コメントは管理者の承認後に表示されます。