ハムストリングスなどの肉離れには、エコーで観察、早期復帰の高槻のリメイク整骨院へ

ハムストリングス

症状:陸上の練習にて走り込んで左の大腿部の後面を肉離れする

治療対象筋:大殿筋、ハムストリングス、大腿二頭筋、腸腰筋、大腿四頭筋、下腿三頭筋

本人の希望により、鍼施術は行わず。

患者さんの訴えとして
大腿部の後面中央部に伸張痛、張り感、膝の屈伸痛
しゃがみ時のつまり感

今年から高校生として入学するも、新型コロナウィルスで部活の開始時期が2ヶ月遅れて行う事になった。
練習がハードになると徐々に身体全体が痛くなり、ついに肉離れとなった。

特にスプリンターは特にこの大腿部の後面に肉離れが非常に多い。

症状 歩行、階段でも痛みは感じ、特に走り終わった直後に痛みが出る事が多かった。
股関節の屈曲制限も顕著に現れた。

施術結果
一回の施術で膝の屈伸運動は軽減し、大腿後面の張り感は落ち着き、一歩の推進力が増していた。

当院の鍼灸筋光線療法が最適な治療だと考えております。

また骨化性筋炎、肉離れ、筋挫傷などの筋肉の損傷の有無については当院ではエコー観察が可能です。

お悩みの方一度リメイク整骨院へご相談ください。

もう諦めていたその痛みその辛さ
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?
柔道整復師 鍼灸師 岡森 徳大

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/
口コミやスタッフ情報はこちら

コメント


認証コード2929

コメントは管理者の承認後に表示されます。