胃のむかつき、食欲不振には高槻市駅から徒歩4分のリメイク整骨院

施術例:30代、女性 痩せ型

症状:食事量が少ない、胃がムカつきやすい、げっぷがよく出る

使用鍼:1番1寸 5本

使用カーボン:3002ー5000

治療対象筋:腹直筋、大腰筋、脊柱起立筋(特にTh3-12多裂筋)

腹痛

以前から腰の痛みで治療をしていた患者様です。
当院の
「慢性的な胃の痛みでお困りの方へ」
のPOPをみていただき、相談を受けた方です。

胃痛

もともと食事の量が取れず、食べ過ぎてしまうとすぐに胃が気持ち悪なる。たまにげっぷが出たり、実際には吐いたりはしないが空腹時でも胃の内容物があがってくるような感覚がある。

急性胃炎は、食事の不摂生によって起こることが多い病気です。暴飲暴食、腐敗した飲食物の摂取、よく噛まない、アルコール類の飲み過ぎなどが原因になります。
 また、食中毒や特定の食品に対する過敏症が誘引となる食物アレルギーによって起きたり、急性感染症によって起こる場合もあります。
原因となる物が体内から排泄されると症状は緩和します。

しかし、
慢性胃炎の症状は様々で繰り返す、あるいは持続する上腹部不快感(上腹部の不定愁訴NUD)は嘔吐・腹部膨満感・胃もたれ・食欲不振などが現れます。
慢性胃炎は症状と内視鏡検査によって診断されるのが一般的ですが、不思議なことに内視鏡検査によって慢性胃炎と診断されたにもかかわらず、なんら症状がない人が40〜50%にもいることが知られています。
慢性胃炎は急性胃炎と違い原因が明らかでないことが多く、急性から徐々に慢性に移行するもの、発症時から慢性のものがあります。
幾つかの原因が重なることで起こると考えられ、その一つに飲酒やタバコなどで繰り返し刺激が加わる時に発症するケースがあります。
当院では背中と腹部の筋肉を鍼と光線治療にて緩めることで血流を改善し、副交感神経を優位にすることで胃の働きを改善します。

2回目の治療後、3回目の治療前には
通常の食事を取った後、今まで思ったことががない「デザート食べたい!!」と感じたり、
「げっぷや胃からこみ上げるのが少なくなりました。」

と喜んでいただけました。

当院では一般的に中々良くならないと言われている慢性の症状に対しても積極的に施術を行い効果を感じていただいています。
「今月は歯のうずき、顎関節症について」です。

胃痛

もうあきらめていたその痛み、その辛さ。
鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?

副院長 鍼灸師 池田 龍一

リメイク整骨院
大阪府高槻市城北町1-5-12-1F
TEL:072-674-8739
HP:http://re-make-seikotuin.com
Instagram:https://www.instagram.com/re.make.seikotsuin/
口コミやスタッフ情報はこちらから!

コメント


認証コード1697

コメントは管理者の承認後に表示されます。